HOMEブログ制作スタッフの業務日誌 >全くの初心者でも焦らずはじめられるブログ記事の書き方 その3

全くの初心者でも焦らずはじめられるブログ記事の書き方 その3

こんにちは。内藤広告社WEB担のスダチです。
ある日突然、上司から「キミ、今日から自社ブログの更新頼むね」なんて言われても大丈夫なように。
初心者でもなんとかなりそうなブログの書き方についてまとめてみました。

さて3回目は「記事タイトルの付け方」について紹介していきます。

タイトルはズバリ32文字で!

効果的なタイトルのつけ方を紹介しているブログを読んだ結果、
記事タイトルは32文字以内でつけられていることが多いと知りました。
なぜ32文字なのか? と疑問に思っていたのですが、
検索エンジンなどで検索結果で表示されるタイトルの文字数を数えてみるとだいたい32文字でした。
NEVERまとめ、はてなブックマークなどのタイトル部分も数えてみると32文字でした。

タイトルをつけるときは、32文字以内でと意識する必要がありますね。

ターゲット、キーワード、そして気持ちを込める

では、タイトルの32文字の中に、どんな言葉を入れていけばいいのでしょう。
参考にさせていただきましたブログでは「感情」と「キーワード」、「ターゲット」を入れるとありました。
私なりに考えてみた例が次の通りです。

感情や気持ちを表す行動+ターゲット+記事のテーマやキーワード


具体的な感情や行動を入れることによって「記事を読んだ自分はどう変わるのか?」
「実は自分も考えてた!」
と想像させたり感じさせたりすることが必要なのかなと思いました。

実際に当てはめてみて、ひねったり、煽ってみたりするタイトルを考えるのもいいでしょう。
しかし、注意するべき点があります。

明らかにブログ記事の内容に沿っていないタイトルや度を越したタイトルを何度もつけていると、読者の反感を買うことにつながります。

なにごともほどほどに、です。